ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

メンズVIO

【メンズVIOの辞典】陰茎・陰嚢編

【メンズVIOの辞典】陰茎・陰嚢編

【メンズVIOの辞典】と題しまして、2回目の今回は男性特有の部位「陰茎(ペニス)」と「陰嚢(睾丸)」へのレーザー脱毛施術についてご紹介いたします。実は、医療機関であるクリニックの中でも男性器へのレーザー脱毛施術はまだまだ実施機関が少ないのが実情です。こちらのコラムでポイントをご確認いただき、ご不安点を払拭してください。


1.陰茎「ペニス」と陰嚢「睾丸」の脱毛施術

陰茎(いんけい)や陰嚢(いんのう)という言葉は少し専門的でわかりにくいですが、陰茎はペニス、陰嚢は睾丸を指しています。つまりメンズVIOの「Iライン」については、男性の場合「男性器への脱毛施術」ということになります。

当院は「ペニスの竿部分に生える毛(主に根元部分)」や「睾丸に生える毛」に対しても、皮の部分を引っ張りながらレーザーを当てるなど、積極的なレーザー脱毛施術を展開しています。これによって、VIO全体としてバランスの取れた仕上がりが期待できます。


2.男性器まで脱毛できるクリニックは首都圏でも希少

メンズVIOという言葉は最近広く使われるようになってきましたが、実際にメンズVIO脱毛で「男性器」に対して脱毛施術を実施している医療機関(クリニック)はまだまだ希少です。 「男性器周辺」といった案内でご契約してしまいますと、ペニスの根元部分については陰毛が残ってしまうということが起こり、VIO脱毛を終えても全体としては不格好なものとなってしまいます。

結果、性器の毛に対しては自己処理することを余儀なくされてしまい、メンズVIOのメリットが半減してしまうということも考えられます。 当院はこのようなメンズVIOに対する「患者さま側の不満点」に十分配慮し、厳格に安全面をクリアすることで男性器の脱毛施術を「可能」とさせていただいております。

今後、「男性器そのものへのレーザー照射」を実践する医療機関が増えていくとは思いますが、現状当院は日本国内でも希少なクリニックだと言えます。現在メンズVIOを考えておられる男性は、ぜひトータルデザインを視野に入れて当院にご相談ください。


3.生殖機能への影響は? → 大丈夫です!

生殖機能への影響は? → 大丈夫です!

男性器へ直接レーザー光を当てるとなると、生殖機能に何らかの影響が出たり、勃起不全(ED)などが起こるのではないかとご心配されるかもしれません。当院は医療機関ですので、このようなリスクについて十分に確認の上、最終的に「問題ない!」という結論を出しています。

レーザー光は皮膚組織の奥深くにまで浸透しません

当院で使用しています医療用レーザー脱毛器「ジェントルレーズプロ(ロングパルスアレキサンドライトレーザー)」は厚生労働省の薬事承認を得ている機器です。照射されるレーザー光の波長は755ナノメートルという数値が公表されており、内臓器官などには影響を与えないものです。

レーザーは皮膚の薄い部分でのみ作用しているのでご安心を!

レーザー光は皮膚の「表皮」の上層部である「角質層」と呼ばれる範囲で作用します。皮膚の「表皮」の厚みは0.2mm程度と言われており、この中の上層部に「角質層」があるということになりますので、如何に薄い範囲でレーザー光が作用しているのかがお分かりいただけると思います。

実際の脱毛施術の際には、事前にムダ毛を剃っていただきますが、剃った場合には「角質層」付近に剃られた毛先の断面が存在するということになります。

この状態でレーザーを照射しますと、ムダ毛の中に含まれる「メラニン色素」が媒介役となって、毛先の断面部分から毛根全体に「熱エネルギー」が浸透していくということになります。

陰毛のような太い毛の場合、毛の根元は「表皮」の下の「真皮」にまで到達しているのが一般的ですが、ここに到達するのは「レーザー光」そのものではなくて、レーザー光を吸収した「熱エネルギー」ということになります。つまり、毛穴の中以外の箇所(各臓器や血管組織)に「熱」が浸透して作用してしまうことは理論上考えられません

このため、「生殖機能」や「勃起作用」に悪い影響をもたらすことはないと考えていただけます。 特に、EDと呼ばれる勃起不全は「血流の滞り」によって引き起こされるものです。レーザーによって血流が悪くなるというような影響は考えられませんので、どうぞご安心ください。


4.脱毛施術時はやはり痛い…

男性器のペニスは、色素沈着が起こりやすい部位として知られています。基本的に体内の折れ曲がる部位や擦れる箇所についてはどなたでも一定程度色素沈着が起こりますので、これらの部位には「メラニン色素」が皮膚レベルで多くなってしまいます。 先にも述べたように、レーザー光は「メラニン色素」に吸収されるという特性がございます。

ペニスのように色素沈着の多い部位では皮膚そのものがレーザー光を吸収してしまう確率が上がり、結果として「痛み」を多くもたらしてしまいます。このため、メンズVIOは「Vライン」「Iライン」「Oライン」いずれの箇所においても強い痛みが生じやすくなっています。

レーザーが「メラニン色素」に吸収される以上、痛みは避けられない…

VIO脱毛での「痛み」に関しましては、以下のような形で痛みレベルを視覚的にわかるようにご案内しています。。

施術部位 施術部位詳細 痛みレベル(目安)
下半身の脱毛
ビキニ 4.0

男性器 4.0

Oライン 4.5

肛門周辺の「Oライン」が最も痛む箇所とされ、「ビキニライン」や「男性器」についても高い痛みレベルが想定されます。施術をお受けいただく際はオプションとしてご利用いただける「表面麻酔」を前向きにご検討いただき、施術中の快適さ度合いをご調整ください。 メンズVIOの「痛み」については、痛みが最も強く出ると考えられるOラインの「肛門編」で詳しく解説しています。当コラム末尾にリンクがございますので、痛みに強いご不安をお持ちの場合は、そちらを併せてご確認ください。


5.セックスの際に高まるモテ効果と満足度

メンズVIO脱毛は、主に「視覚的な清潔感」や「物理的な衛生環境の向上」を主眼としたものです。VIO脱毛によって下着内での「ムレ」が大きく改善されますので、下半身の衛生環境が確実に向上します。衛生環境の悪い状態が長時間維持されてしまいますと、「インキンタムシ」のような症状を発症してしまうことがあるため、メンズVIO脱毛はこのような点でも大きな意義があります。

また、このような「衛生面での貢献」だけではなく、男性器に対する陰毛の脱毛施術によって、排尿時やセックス時に利便性が向上するという効果もございます。

「衛生面の改善」や「清潔感UP」の先にある秘密…

男性器へのレーザー脱毛施術(ペニスと睾丸への施術)を経ることで、男性器の使用場面で具体的に次のような効果が期待できます。

「陰毛の絡まり」がなくなることで生まれる快適さ

男性であれば一度は経験したことがある陰毛の絡まり。竿部分の陰毛が長い場合には、排尿時の出し入れの際に毛が引っ掛かるということが起こります。また、大きな声では言えませんが、セックスの際の挿入時に毛が引っ掛かってしまうということもあるはずです。

「衝撃的な痛み」というわけではないものの、ここぞという至福の時に少なからず水を差す形となってしまいます。メンズVIO脱毛でペニスや睾丸の陰毛を除去してしまえば、このような「陰毛の絡まり」とは決別でき、挿入時の滑らかさも味わえます。プレイの質が向上しますので、ナイトライフの満足度が一定程度高まることが期待されます。

オーラルプレイでのいたわりが女の子への優しさ

あまり大々的に言うのは難しい内容ですが、セックスの際には男性器へのオーラルプレイなどもあると思います。現実問題として、ペニスの根元や睾丸にモジャモジャと毛が生えていると、女性の側で口の中に毛が入ってしまったり…ということが起こります。

メンズVIO脱毛をお受けいただきますと、このような不快感が自然解消されますので、カノジョとしても嬉しく感じるはずです。見た目の上でも「大きく見える」というような声もあり、概して女性陣は男性のVIO脱毛に賛成する傾向が強くなっています

下半身のメンテナンス意識は「女心の配慮」にも♪

再度繰り返しますと、メンズVIOの目的は本来「衛生環境の改善」や「清潔感のUP」を狙うものです。「ナイトライフの満足度を上げるため…」という目的になってしまうと少しおかしな話ではありますが、実際に上述したような「隠れ効果」があるのも事実です。

概して女性陣にも好感される施術となっていますので、ぜひ前向きに当院の「メンズVIO脱毛」をご検討ください。随時「無料カウンセリング」を実施していますので、ご興味お持ちの場合はお気軽にご相談ください。

予約・問い合わせフォーム