ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

知識

「髭剃り文化」が受け継がれる理由「無精ヒゲ」が嫌われるワケ

「髭剃り文化」が受け継がれる理由「無精ヒゲ」が嫌われるワケ

日本人はごく当たり前のように毎日ヒゲを剃って出勤しています。中東圏ではヒゲを生やすことが常識ですが、日本ではヒゲは「ケアすべき対象」という認識があります。どうして日本では「髭剃り文化」が育ってきたのかについて考えてみましょう。また、「無精ヒゲ」が否定される理由についても取り上げます。ヒゲを伸ばしたい人にとって興味深い内容になっていますので、ぜひご一読ください。


日本人男性が「髭剃り習慣」を確立した3つのワケ

日本では就職して社会に出るとほとんどの男性が「髭剃り」という暗黙のルールを受け入れます。昨今ではヒゲが許容される会社も増えてきましたが、まだまだ全体のごく一部といった印象があり、ビジネス環境にスムーズに適応するためには「髭剃り文化」を受け入れざるを得ない面があります

このような文化は一概に良い悪いで判断できるものではありませんが、「そもそもなぜ髭剃り習慣ができたのか?」についてはいくつかの要因があろうかと思います。「ヒゲ脱毛」などのレーザー脱毛施術を提供しているクリニックとして、このような「髭剃り文化」の背景事情を考えてみました。

1.ビジネスでは「相手重視」が基本だから

    1.ビジネスでは「相手重視」が基本だから

ビジネスシーンでは自分の意向よりも相手の思いを尊重することが大切です。特に接客業やサービス業においては、お客様(顧客)あってのビジネスという側面がありますので、多少納得のできないことがあっても自我を押し通すことは差し控えなければなりません。

ヒゲは、それを見た時に受け取る側によってとらえ方は異なりますが、時として「良くない印象」を相手に与えてしまう場合があります。中東圏のようにヒゲを生やすことが当たり前の社会ではないため、日本のビジネスシーンにおいては「マイナスの影響を与え得るものは事前に取り除いておくべき」という考え方が根付いていったのだと思います。

ヒゲにこだわりのある学生さんも中にはおられると思いますが、社会に出る前の就活の段階である程度自分なりに折り合えるポイントを模索しておいたほうが良いでしょう。「ヒゲが許容されている会社を目指す」ということも、一昔前に比べればやりやすくなっていると思いますので、うまく自分の理想とのマッチングを図ってください。

参照) そのヒゲOK? NG? 職種に合ったヒゲ脱毛のあり方

2.堀が浅い顔立ちで、そもそも似合わないのが一般的だから

誰もがご存知の通り、日本人は西洋人と比べて「顔の堀が浅い」という特徴があります。目鼻立ちがはっきりしていないため、残念なことに相対的にヒゲは似合いにくい顔立ちになっています。また、生える量自体も薄いため、形を整える際にもあまり自由度が利きません

鎖国が明けたころには、当時の政治家や文化人たちが威厳という意味でヒゲを蓄え始めましたが、当時のヒゲは「無精ヒゲ」のような放置したスタイルではなく、しっかりと整えて示すという意味で「相手を強く意識したもの」でした。

時代の流れとともに、現代では「剃っておいたほうが良い」という方向にシフトしましたが、やはり根底には「相手がどう思うか」「周囲がどう見るか」という他者意識があります。中東のように砂埃の多い土地柄でもなかったため、「似合わないものを他者に示すよりは、剃っておいた方が気が利いている」という結論に向かっていったのだと思います。

3.縦社会の中に横並び文化があるから

「縦社会」とは組織性が色濃く反映された社会を指し、「年功序列」のような企業体質を意味することもあります。最近では「成果主義」や「能力主義」といった言葉が取りざたされるようになってきましたが、日本では欧米諸国と比較してまだまだ仕事そのものではなく、積み重ねてきた人生経験の方を尊重するという文化が残っています。

概して、その会社の経営陣は年配者であることが多いため、どうしてもその人たちの価値観が会社全体を覆います。同僚の中で個人的にヒゲを生やしたいと考える者が複数いても、企業内に受け継がれた暗黙のルールがあれば、やはりそこに足並みを揃えるのが一般的な社会人の姿です。

つまり、会社の中で何か吐出して目立ったことをすると「出る杭は打たれてしまう」ことを誰もが知っているのです。タテのルールがあるからこそ横並びの文化が育っていって、実際のところ仕事内容とヒゲの有無が何もリンクしないオフィスワークの職場であっても、「足並みを揃える」のが現実的なアクションということになります。

当院としては「ヒゲを生やすこと」自体は個人の価値観で良いと思いますが、組織に所属する場合はやはりその企業ルールや文化の中での立ち振る舞いを考えるべきだと思います。また、生やす場合にはただ放置する「無精ヒゲ」ではだらしなさが際立ってしまうことから、清潔感を意識したデザイン調整を心掛けた方が良いだろうと考えます。


伸びてくる髭を自由に育てる「無精ヒゲ」が嫌われるワケ

 伸びてくる髭を自由に育てる「無精ヒゲ」が嫌われるワケ

社会に出れば「髭剃り文化」に足並みを揃えざるを得ないことを知っている学生さんの中には、自由な時間にある今だからこそヒゲを伸ばすという人もいると思います。結果的に放置しているだけの「無精ヒゲ」になってしまうケースも少なくなく、周囲にあまり評価されていない空気を感じながらもそのままになっているケースもあるのではないでしょうか。

「無精ヒゲ」を生やす若者たちの心の中にはもしかしたら次のような思いがあるのかもしれません。

「無精ヒゲ」を生やしている人の心情として想像されるもの

 キレイだとは思わないけど、毎日剃るのは面倒くさい

● 強要される意味がわからない

● 今まだ生やし始めたばかりだからとりあえず放置しているだけ…

● 少し威厳みたいなものを取り込みたい

このような心情については共感できる部分もあるのですが、実際にそれが「無精ヒゲ」になってしまった場合、やはり周囲はそのヒゲにネガティブな印象を抱くことが一般的です。

ヒゲが好きだという女性であっても、「無精ヒゲ」にはやはりマイナスの印象を抱くことが多いようです。では、その理由について考えてみましょう。

人は「無精ヒゲ」に「だらしない生活」を垣間見る

無精ヒゲを蓄えていると、その人が実際にどういう生活をしているかは別として、周囲は自然とその人の「だらしない日常生活」を想像してしまいます。これはヒゲに対して「普通は何かしらのケアをすべきもの」という認識があるためで、行き届いていない場合には「その人の生活自体にも色々と滞りがあるのだろう…」と感じてしまうからです。

もしかしたら、ヒゲ以外の部分についてはかなり几帳面でテキパキとした日常生活を送っているかもしれませんが、人は概して「目や耳から入ってきた情報の一部で全体像を想像する」という習性を持っています。このため、実態は確認できていないながらも「無精ヒゲを生やす人」に対してはマイナス評価を下してしまうのです

生やしたいなら「魅せるヒゲ」を意識しよう!

今学生さんであっても社会人であっても、生やす場合には他者を意識することが大切です。ヒゲデザインにも色々ありますが、たとえば頬のヒゲを残すスタイルはあまりありません。つまり、「とりあえずこの部分は伸ばす必要ないよね」という箇所は少なからずございます。

伸ばす方向で考えている場合は、自分の理想的なデザインに沿って、不要だと思われる箇所を「ヒゲ脱毛」でケアするという方法をおススメします。 これをしておけば、他の箇所を伸ばしていっても、ある程度「だらしない印象」を抑えられます。生やす箇所についても毛量などを意識しながらアドバイスできますので、全体として「だらしなかったヒゲ」が「見栄えのするヒゲ」に…最終的に「魅せるヒゲ」へと変化させていくことも可能です。

同じようにヒゲを伸ばすのであれば、白い目で見られるよりも評価された方が気持ち良いですよね。ヒゲにこだわりのあるかたはぜひ「魅せるヒゲ」として当院の「ヒゲ脱毛」をご検討ください。

ただ剃るのが面倒なら、生やさなくする選択もある!?

結果的に「無精ヒゲ」になってしまっている人の中には、ただ剃るのが面倒だからというケースも考えられました。「面倒だから剃っていない」という場合は、理由は共感されるものであっても「あらぬ評価」を受けてしまいます。このような場合には、「ヒゲ脱毛」で清潔感が出るように毛量調整を選択するか、「できるだけツルツルを目指す」という選択をおススメします。

昨今では、脱毛効果の持続する医療脱毛(レーザー脱毛施術)であっても、施術費用がリーズナブルな価格帯に落ち着いてきました。当院でもお値打ちプランを複数ご用意していますので、お顔のヒゲや体毛の対処に悩んでいるという場合は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。

「無料カウンセリング」にて皆さまをお待ちしています。

予約・問い合わせフォーム