ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

ヒゲ脱毛

そのヒゲOK? NG? 職種に合ったヒゲ脱毛のあり方

 そのヒゲOK? NG? 職種に合ったヒゲ脱毛のあり方

一般的にヒゲはビジネス場面であまり好まれるものではありません。職種によってヒゲが許容されるケースもありますが、やはり周りを不快にしないヒゲのあり方を意識しておく必要があります。レーザー脱毛施術では、ヒゲNG職・ヒゲ許容職いずれの場合も条件に応じた調整が可能です。残す場合も除去する場合も「清潔感」をお取り込みいただけますので、レーザー脱毛施術で理想的なビジネスフェイスをご検討ください。


ヒゲNG職とヒゲ許容職という社会傾向

日本ではかねてよりビジネス場面でのヒゲはNGとされる傾向があります。ところが、職種によってはヒゲに対して細かく咎められない場合もあります。自分がどの仕事に就くのかによってヒゲとの付き合い方も変わってきますので、これから仕事を選択する場合はこのような傾向も踏まえておくと良いでしょう。

 

ヒゲがNGとなりやすい職種

次のような職に就く場合にはヒゲはNGとなりやすく、ヒゲのない状態で職務をこなすことが求められる傾向が強くなっています。

ヒゲNG系の職種

●営業職

●販売職

●専門、サービス職(医療、福祉、教育など)

上記のようなお仕事に共通しているのは、顧客や消費者との「直接対面型の職務」だという点です。仕事とは事に仕えるものですので、相手という必要性があってこそ成り立ちます。このため、自分のことよりも相手の心情に配慮し、まず相手が心地よくいられる配慮がビジネス上必須になるというわけです。

ヒゲが必ずしも相手の心情を害するとは限りませんが、人によっては「ヒゲ=汚らしいもの」と考える場合もございます。このため、リスクのあるヒゲを残すのではなく、剃ってビジネスに向かう姿勢が求められるというわけです

ヒゲに許容度のある職種

 

ヒゲに許容度のある職種

次のような職種においては、一般的にヒゲがある程度許容される傾向があります。

ヒゲが比較的認められやすい職種

●美容師、理容師

●IT、web、デザインなど、クリエイティブ系の仕事

●運輸、物流職

●経営者、役員

「美容師」や「理容師」は自分のファッションセンスを売りにする仕事ですので個性が認められやすい傾向があります。また、IT系やWeb系などの「クリエイティブ職」は顧客と直接的に面と向かうケースが少ないため、仕事の中身で勝負できるという傾向が強くなっています。

上記の中で「運輸系」のドライバーなどにおいては、宅配場面で顧客とのやり取りが生じるケースもありますが、時間的には短時間の接点となっており、何より無事に荷物を運ぶことが重要になりますので、多少のヒゲについては許容されることが多いようです。その他、若手のベンチャー企業などにおいては、経営者や役員自身がヒゲを生やしている場合も少なくなく、見た目の風貌よりも実績の方が重視される傾向が強くなっています。

ビジネス場面では、これだけは押さえておこう!

ヒゲ許容職であっても、ビジネスアワーにおいては常に組織を意識した行動が大切です。ヒゲを生やすことで周りに不快な印象をもたらしてしまっては貴方の評価が低くなってしまう可能性がありますので、過度に自分のこだわりを前面に打ち出すのはやはりオススメできません。

ビジネス上のヒゲのあり方(重要ポイント)

  • ヒゲを残す場合も「清潔感」は意識し、周囲の人が不快に思わないデザインを心がけよう!

職場でのヒゲの許容度に関わらず、現代の日本では「清潔感」が人の評価に関わる重要概念となっています。剃る場合にもただ剃っていれば良いのではなく、「青髭」のような青みを残さないような配慮がベストと言えるでしょう。残す場合には清潔感を意識し、周りが貴方のヒゲに魅せられるようなレベルにまで高められると、ヒゲが逆に貴方の武器にもなり得ます

このような点を踏まえて、ヒゲの許容度に合わせた「ヒゲ脱毛」のあり方についてご紹介します。


ヒゲNG職の男性は「青髭除去」を狙ってツルツル脱毛を!

 ヒゲNG職の男性は「青髭除去」を狙ってツルツル脱毛を!

レーザー脱毛施術でヒゲ脱毛をすることの最大のメリットは、お手入れからの解放や抑制ですが、この他にもヒゲ脱毛には貴方の生活を大きく変え得る様々なメリットがございます。ビジネス上ヒゲがNGとされる場合には、ぜひヒゲを抜本的に取り除くツルツル脱毛をご選択ください。

ヒゲ脱毛(ツルツルを目指す場合)のメリット

●ヒゲ剃り等のお手入れから解放される(もしくは大幅にお手入れ頻度を抑制できる)

●髭剃り後の「青髭」が大幅に改善され、お肌をキレイに見せることができる

●爽やかな印象がビジネス上の信頼性や成果に貢献する

●「清潔感」がプライベートな時間でも貴方の評価を高めてくれる

ヒゲ脱毛に必要となる施術回数とトータル期間

レーザー脱毛施術によるヒゲ脱毛では、一般的に次のような施術回数とトータル期間が必要になります。どの程度の仕上がりを求めるのか(どのくらいヒゲを除去したいのか)によって必要回数は異なりますが、ヒゲNG職の場合にはとことんまでツルツルを目指すことをオススメします

ヒゲ脱毛の施術回数とトータル期間の目安

目標地点 レーザー脱毛の施術回数 トータル期間
ツルツルを目指す場合 5回~8回 1年程度
5割~7割程度の脱毛効果 3回~5回 半年程度
2割~5割程度の脱毛効果 1回~3回 3ヶ月程度

ヒゲは、身体に生えるムダ毛などとは異なって生え替わり速度が速いという特徴があります。このため、当院では1ヶ月ごとの施術を推奨しています。かなりヒゲの濃い男性であっても、8回程度ヒゲ脱毛をお受けいただければ、限りなく「ヒゲが生えてこない状態」にまで辿り着いていただけます。1年もあればあなたのビジネスフェイスは生まれ変わりますので、ぜひ積極的に「ヒゲ脱毛」をご検討ください。


ヒゲ許容職の男性が選択すべきヒゲ脱毛

ヒゲが許容される職種に就いている男性でヒゲを残しておきたいとお考えの場合は、施術回数を限定した「毛量ダウン」がオススメです。これだけでも、見た目の上で残ったヒゲに十分な清潔感をお取り込みいただけます。

この上で「生えるエリア」と「生やさないエリア」を特定する「デザイン調整」をご選択いただければ、清潔感に加えてセンスのある魅せるヒゲをお取り込みいただくことも可能です。

レーザー脱毛では「毛量調整」が可能!

毛量調整とは、ヒゲの長さというよりも「ヒゲ密度を調整するもの」とお考えください。ヒゲや体毛は独自のリズムで時間と共に伸びていきますので、ヒゲを残す場合には頻度の差こそあれ髭剃り調整は必要です。

医療脱毛では、施術回数を調整することでヒゲ全体の密度を薄くすることが可能になりますので、同じデザインであっても見た目の上で爽やかな印象をもたらすことができます。全体のボリュームが減ることで髭剃り自体もスムーズになりますので、細かなデザインにおいても微調整がしやすくなります。

毛量調整だけだと仕上がりは早い!?

既にご紹介しましたが、ここでもわかりやすく施術回数の目安表を掲載させていただきます。ヒゲ脱毛で毛量調整が選択しやすい理由は、以下のように施術回数を抑えることができる点にあります。お早く目標地点に辿り着いていただけるのは、忙しいビジネスマンにとっては大きなメリットと言えるでしょう。

ヒゲ脱毛の施術回数とトータル期間の目安

目標地点 レーザー脱毛の施術回数 トータル期間
ツルツルを目指す場合 5回~8回 1年程度
5割~7割程度の脱毛効果 3回~5回 半年程度
2割~5割程度の脱毛効果 1回~3回 3ヶ月程度

ご覧のように半年程度もあれば十分に毛量変化をご実感いただけますので、ツルツルを目指す場合と比較して「即効性」という意味で選択しやすいものとなっています。

「毛量調整」に「デザイン調整」を併せることもできます!

 「毛量調整」に「デザイン調整」を併せることもできます!

「毛量調整」に留めるということであれば、施術回数を±3度程度に限定出来ます。この場合はデザインの精度は患者さまの髭剃りセンス次第ということになります。一方で「デザイン調整」というご選択により、当院の側で患者さまニーズを伺って「生える箇所」と「生えない箇所」を特定してしまうことも可能です。

こうすれば生えてきてほしくない箇所を剃るという習慣を極限まで抑制できますので、ご希望のデザインがキープしやすくなります。 この場合には既にヒゲを残す箇所で「清潔感(ヒゲ密度の抑制効果)」が取り込めていますので、仕上がりとしてもセンスのあるヒゲを魅せることが可能になっていきます。

デザイン調整の場合には施術回数が多く必要になります

ご注意いただかなければならないのは、「デザイン調整」を狙う場合にはツルツルにするプロセスが必要になる箇所があるという点です。単純な「毛量調整」と比較して仕上がりに精度を求めることはできますが、トータル施術回数としてはツルツルを目指す場合と同等のものが必要になっていきます(上述の「ヒゲ脱毛の施術回数とトータル期間の目安」を参照)。

ヒゲ脱毛のコースによって施術回数等にも制限がございますので、ご用意いただける予算とご相談のうえでベストなプランをご選択ください。

参照) ダビデクリニック新宿のキャンペーンプランのページ


ムダ毛お悩みはお気軽に「無料カウンセリング」で♪

当コラムでは、「職種別のヒゲ許容度」に合わせたレーザー脱毛施術の活用法をご紹介いたしました。この他にも随時「無料カウンセリング」を実施していますので、ヒゲだけに関わらず体毛を含めたムダ毛のお悩みをお気軽にお寄せください。患者さまの職業的ニーズや毛量、肌質などに合わせてベストソリューションをご提案いたします。

予約・問い合わせフォーム