ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

知識

レーザー脱毛後のアフターケア 三大術後症状と対策

レーザー脱毛後のアフターケア 三大術後症状と対策

脱毛施術は、ムダ毛を無くしたり毛量を抑制することが目的ですので、施術を受ければ終わりではありません。信頼できるクリニック(医療機関)を選ばなければ、時として深刻な肌トラブルを残してしまいます。レーザー脱毛施術で多い三大術後症状について取り上げ、注意すべきポイントをご紹介いたします。脱毛施術をご検討中の方、当コラムをご覧の上で医療機関をお選びください。


レーザー脱毛施術に伴う三大症状(肌トラブル)

レーザー脱毛施術では、非常に強力な熱エネルギーを毛根組織に浸透させます。脱毛施術によってムダ毛を無くしてしまったり、大幅に全体量を抑制することが可能になりますが、そこに至るまでの過程で「肌トラブル」を生じてしまうこともあります。

医学的処置には必ずリスクが付きまといますので、どのような症状が生じ得るのかを事前に把握した上で脱毛施術をご決断ください。ここでは一般的に起こりやすい術後の肌トラブルについてご紹介いたします。

1.炎症性浮腫(えんしょうせいふしゅ)…毛穴レベルの赤み

炎症性浮腫とは、簡単に言うと「毛穴レベルの赤いポツポツ」です。レーザー脱毛施術では、非常に強力な熱エネルギーを毛穴の奥に浸透させますので、術後数日程度は毛穴レベルで軽い熱傷(やけど)を負ったような状態になります。患者さまによって赤みの現れ方は異なりますが、一般的には術後に最も強く赤みが出て、数日程度で徐々に治まっていくという経緯をたどります

「炎症止めローション」をお使いください

「炎症止めローション」をお使いください

当院では、お帰りの際に「炎症止めローション」をお渡ししております。1日に1~2回程度患部に塗り込んでいただければ炎症も抑制できます。目立ちやすさや炎症が治まるスピードには個人差がありますので、見た目に影響を生じやすい「ヒゲ脱毛」などに関してはマスクの併用などを含めて対策をお立てください。

2.毛嚢炎(もうのうえん)…白ニキビのような毛穴周辺の炎症

毛嚢炎とは、私たちの皮膚に存在する常在菌(ブドウ球菌)が毛穴の入り口周辺で感染し「白ニキビ」のような炎症をもたらす症状です。どうしてこのようなことになるのかについては、「皮膚のバリア機能の低下」が考えられます。

レーザー脱毛施術では、熱エネルギーが一定期間毛穴の内部に残存しますので、術後しばらくの間皮膚が乾燥しやすくなります。特に熱エネルギーを吸収した毛根周辺でバリア機能が弱まってしまうことから、このタイミングでブドウ球菌が入り込んで繁殖してしまい、白ニキビのような「毛嚢炎」をもたらしてしまうのです。

毛嚢炎は比較的よく見られる症状で、「毛抜き」で毛穴を広げながら無理やりムダ毛を引き抜いたり、不衛生な「カミソリ」で皮膚に細かな傷を付けてしまうことでも発症します。レーザー脱毛施術では、このような自己処理の場合に比べて毛嚢炎発症リスクは低くなりますが、患者さまの皮膚体質によってもできやすいできにくいなどの個人差があります。

「バリア機能の低下」は防げないが、乾燥の悪化は防げる?

「バリア機能の低下」は防げないが、乾燥の悪化は防げる?

毛嚢炎は、生じやすい人生じにくい人がいるのでケアしていてもできてしまうケースがあります。それでも、レーザー脱毛施術の場合には「熱の浸透による乾燥」から「バリア機能の低下」が起こってしまうことが一つの要因になっています。このため、皮膚に「適切な保湿」を心がければ一定程度毛嚢炎を予防することも可能です

特に元々肌トラブルが生じやすい患者さまの場合は、自分に合った「男性向けの化粧水」などをうまくチョイスしていただき、お風呂上りや就寝前に適切に保湿するように心掛けましょう。また、お話したように術後は肌のバリア機能が低下していますので、不必要に患部を手で触ったり、毛抜きで抜けそうに感じられるムダ毛を先回りして引き抜く行為は慎みましょう。

3.熱傷(やけど)…皮膚レベルでの赤みや水ぶくれ

毛穴レベルの軽い熱傷「炎症性浮腫」とは別に、レーザー脱毛施術では皮膚レベルで「部分的な赤み」や「小さな水ぶくれ」に発展する熱傷リスクもございます。

熱傷に至ってしまう原因については、「照射出力のコントロール調整」にあります。とは言え、どの患者さまでも同出力でレーザーを照射してれば熱傷を生じないという単純なものではなく、お肌自体が有する「メラニン色素」の多さによって、同レベルのレーザー照射であっても熱傷を生じる人と生じない人が考えられます。

お肌が黒い人は熱傷リスクが高い?

元々皮膚が黒い場合には、概してお肌自体に「メラニン色素」が多く含まれます。レーザー光は、「ムダ毛のメラニン色素」だけに反応するのではなく、「照射範囲のメラニン色素」に吸収されるという性質がございますので、皮膚が黒く日焼け跡があれば熱傷リスクは高くなってしまいます。

特に男性のお顔に関して言えば、日常的に外回り営業などでお顔に日焼け跡が見られたり、皮膚が電気シェーバーとの摩擦によって色素沈着している可能性なども考えられます。このようなことから、概して「ヒゲ脱毛」では施術担当者側に高い技術力(熱傷に至らないレベルで脱毛効果を損なわない調整力)が求められます。

当院では、特に初回のレーザー照射においてより慎重な出力調整を行ないます。それでも、数ヶ月後に再度ご来院いただいた際に、以前と比べ細かなレベルで色素沈着しているケースもありますので、時として「軽度の熱傷」が生じてしまう可能性もございます。もちろん、何ヶ月にも渡って痕が残るような熱傷が生じることはまず考えにくいですが、レーザー脱毛施術は医療行為ですので、施術に際して一定のリスクがあることを予めご了承ください

「地黒肌」の場合は事前にご相談ください!

「地黒肌」の場合は事前にご相談ください!

日本国内で最も普及しているレーザー脱毛施術は、厚生労働省も薬事認可しているアレキサンドライトレーザー系の「ジェントルレーズ(プロ)」と呼ばれるモデルです。こちらのものは、メラニン色素への吸収性が高く、日焼け跡のお肌などでは施術自体が受けられないことも少なくありません。無理に施術いただいても熱傷リスクが高くなりますので、地黒肌の患者さまの場合はアレキサンドライトレーザー系のレーザー脱毛器しかないクリニックを避けた方が良いでしょう

当院には、上記モデル「ジェントルレーズ・プロ」のほかにも、色黒のお肌でも施術可能な「YAGレーザー」と呼ばれるレーザー脱毛器がございます。「YAGレーザー」が最適だと当院の側で判断させていただいた場合については、こちらのモデルで施術対応するというケースもございますので、お肌の色でご心配がおありの際は事前にご相談ください。


お困りごとが生じた場合はすぐにご連絡を!

当院は、「美容皮膚科」という診療科目を掲げるメンズ脱毛専用のクリニックです。医療機関として専門医が在籍しておりますので、施術後に何かお困りごとが生じた際は誠実かつ適切な対応をさせていただきます。無理にお気遣いいただき連絡が遅くなりますと、トラブルが深刻化する可能性がございますので、術後に何かお困りごとが生じた際は直ぐにお電話かメールフォーマットにてご連絡ください。

ムダ毛お悩みは信頼性の高い「ダビデクリニック」にご相談を♪

当院は、ジュエルクリニックグループ(JCG)として10年以上に渡る脱毛施術の実績がございます。数々の症例や術後反応を診させていただき、性別を超えて多数の患者さまの脱毛施術を手がけて参りました。培ったノウハウはジュエルクリニックグループ内で共有し、より安全で快適な脱毛施術が提供できるように努めておりますので、ヒゲに関わらずムダ毛に関するお悩みはどうぞ当院までご相談ください。

随時「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽にご予約をお取りいただけますと幸いです。

予約・問い合わせフォーム