ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

ヒゲ脱毛

女子受け抜群のモテ効果!?メンズ脱毛はヒゲ脱毛から!

女子受け抜群のモテ効果!?メンズ脱毛はヒゲ脱毛から!

ヒゲの濃い男性がどのようにヒゲをケアしているのかに関わらず、女性陣は今あるヒゲの状態を見た目に沿って評価します。面白いことに「青ひげ」よりも「無精ひげ」の方が拒絶感が低いというアンケート結果がございますので、この意識調査を元に妥当な解決策をご紹介したいと思います。普段直接耳にすることのない女性の本音(ヒゲに対する評価)について、こちらのコラムでご確認ください。


アンケート結果でわかる「青ひげ」と「無精ひげ」の不人気度

少し前のデータになりますが、株式会社SUPLUSが女性を対象に「男性の青ひげ」や「無精ひげ」に関するアンケートを実施しています(2015年6月)。こちらの意識調査の結果を見ると、一般女性が「男性のヒゲ」に対してどのような感情を抱いているのかがよくわかります。

「青ひげ」に関する女子の気持ち

「青ひげ」に関する女子の気持ち

出典:株式会社SUPLUS (アンケート結果公表ページ

・調査対象:20~50代女性97名  ・調査方法:自社サイトのアンケート調査

剃った後でさえその存在が見え隠れする「青ひげ」については、好感が持てるというプラス回答をした女性は一人もいなかったということになります(0%)。

「悪い印象」と回答した女性が22%、「どちらかというと悪い印象」と答えたのが50%ということですので、「青ひげ」については7割強の女性がマイナスの印象を抱いているということになります。 「青ひげ」と言うと、特に明確な定義があるわけでもございませんが、一般的には次のような2パターンが考えられるのではないでしょうか。

●剃った直後に青白くなっている状態

●剃って半日程度経過したときにヒゲ先が少し顔を出して全体的に青く映るような状態

共通して言えるのは、決して放置しているわけではなく、むしろ自分なりに処理しているという事実です。にもかかわらず、女性陣からは見た目の印象だけでこのようなマイナス評価を受けてしまいます。

おそらく女性自身も「男性陣が自分なりに処理していること」は理解しているのですが、それでも彼女たちは「実態に沿って対処する」という目に見える結果を求めています。普段、あまり見えない箇所であっても細かなケアを心がけている女性ならではの意識かもしれません。

「無精ひげ」に関する女子の気持ち

「無精ひげ」に関する女子の気持ち

出典:株式会社SUPLUS (アンケート結果公表ページ

・調査対象:20~50代女性97名  ・調査方法:自社サイトのアンケート調査

先の「青ひげ」とは別に、何も手入れされていない「無精ひげ」についてもアンケート結果が公表されています。これによると、面白いことに約6%の女性が「好感が持てる」もしくは「非常に好感が持てる」といったプラス評価を寄せています。

「悪い印象」については23%、「どちらかというと悪い印象」と回答した女性は37%という結果ですので、総じて「青ひげ」よりもマイナス評価の割合は低いということになります


どうして手入れしている「青ひげ」の方がマイナス評価を得るのか…

「悪い印象」と「どちらかというと悪い印象」を合算してマイナス評価を比較すると、「青ひげ」と「無精ひげ」とでは次のような結果にまとめることができます。

●剃った直後に青白くなっている状態

●剃って半日程度経過したときにヒゲ先が少し顔を出して全体的に青く映るような状態

男性であれば、一見「青ひげ」はたとえ青白くても手入れしているのだから、「手入れしていない無精ひげよりも不人気なのはおかしいでしょ…」と言いたくなります。とは言え、この結果から伺えるのは、女性は背景事情云々ではなく「今ある見た目」をそのまま評価しているということなのではないでしょうか。

放置されている「無精ひげ」であっても、時として見苦しくない程度の状態を保っているケースも想像されるため、言葉として「青ひげ」と「無精ひげ」を比較すると、「青ひげ」の方に拒絶感が強くなるということなのだと思います

スポーツ競技などでは「参加することに意義がある」というプロセスへの評価がございますが、事「ヒゲ」に関して言えば、やはりお仕事のように「結果」が求められているということなのでしょう。つまり、ヒゲが濃い場合にはやはり何かしらの打開策が必要だと結論付けることができます。


結果が付いてくるのは「レーザー脱毛施術」だけ!

お手入れ方法が「カミソリ」であっても「電気シェーバー」であっても、ヒゲが濃く生まれてきたからには「青ひげ」を回避するのは困難です。「毛抜きを使えば良いのでは?」と考える男性もおられるようですが、毛穴が広がりお肌のハリが失われるなど、やはり見た目に悪い印象をもたらします。

アンケート結果のように「青ひげ」は全く女子ウケしないということになりますので、ヒゲが濃くて悩んでいる男性はぜひ医療機関(クリニック)での「レーザー脱毛施術」をご検討ください。「レーザー脱毛施術」であれば、毛穴を広げることなく、お肌のダメージを最小限度に留めて「ヒゲの芽」を摘むことが可能です。

「ヒゲの芽を摘む」とは「種を摘む」こと?

「ヒゲの芽」については、厳密には毛乳頭や毛母細胞を破壊することを意味します。「ヒゲの種」ごと取り除くような形になりますので、「レーザー脱毛施術」では脱毛作用が現れた後も脱毛効果が持続していきます。必ずしも「1本も再生されない」という無敵の永続性まではございませんが、見た目に「清潔感」を付与したり、お手入れ頻度を抑制することは十分に可能です。

参照) 永久脱毛とは? 2つの英語と2つの定義で考える本当の脱毛効果

「美肌効果」もあるヒゲ脱毛! お気軽に「無料カウンセリング」へ

一定程度の副次的な効果という域を出ませんが、「ヒゲ脱毛」には嬉しい「美肌効果」もございます。熱エネルギーが毛穴奥へと浸透していく過程でお肌のターンオーバーが促進されますので、ヒゲが力尽きて抜け落ちるだけではなく、「お肌のたるみ」や「くすみ」などにもプラス効果があるのです。

既にご紹介しましたように女性は「今ある実態」や「見た目という結果」に沿って評価をしますので、遺伝的な要因(ヒゲの濃さ)は自分の属性として受け入れていただき、明確な打開策を「レーザー脱毛施術」でご検討ください。随時「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

予約・問い合わせフォーム