ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛 毛周期の影響力と理想的な施術間隔

ヒゲ脱毛 毛周期の影響力と理想的な施術間隔

医療機関でヒゲ脱毛を受ける場合、どれくらいの施術間隔で通う必要があるのでしょうか。詰めて通えば通うほど早く済むというものでもなく、毛周期(もうしゅうき)と呼ばれるヘアサイクルを意識してご来院いただくことが大切です。

「ヒゲ脱毛の理想的な施術間隔」について、毛周期と併せてご紹介いたしますので、ヒゲ脱毛に興味のある方はぜひご一読ください。


毛の成長サイクル「毛周期」とは?

ヒゲ脱毛 毛周期の影響力と理想的な施術間隔

毛周期(もうしゅうき)とは、ヘアサイクルとも呼ばれるもので、頭髪含め私たちの体毛が「抜けては生えて…」を繰り返すサイクルのことを指しています。具体的にはイラストのように「成長期」→「退行期」→「休止期」といった3つのステージがあり、「休止期」の後はまた「成長期」に戻るという循環になっています。

「成長期」→「退行期」→「休止期」というループ

「成長期」には毛乳頭が毛細血管から栄養を受け取り、毛乳頭周辺で毛母細胞を分裂させることで毛幹(=毛)を下から上へと押し上げます。これにより、毛が伸びるという作用がもたらされます。 ところが、一定期間を経ると毛幹は毛乳頭から離脱し、毛の成長もそれに伴ってストップします。この期間を「退行期」と呼んでおり、体毛の生え変わりに向けた準備に入ったと見ることができます。

この後、「休止期」に入ると毛幹はどんどん毛乳頭から離れていき、やがて自然に毛穴の中から抜け落ちていきます。完全に毛穴の中が空っぽになった後、しばらくするとまた「成長期」が巡ってきて新たな毛が作られていくというサイクルになっています。 脱毛効果が狙えるのは、「成長期の毛」のみ レーザー脱毛施術で脱毛効果を提供できるのは、照射部位の毛が「成長期」のものだけです。

「成長期」以外の場合は毛が毛乳頭と繋がっていないため、毛の中にある「メラニン色素」を通じて熱エネルギーを浸透させることができません。 持続する脱毛効果は、「毛乳頭」やそこを取り巻く「毛母細胞」を高熱で焼き切るというプロセスを経なければなりませんので、そのルートが遮られていない「成長期」こそが脱毛施術の収穫期に当たるのです。

「毛周期」は身体の各部位ごとに異なります

毛の生え替わりサイクルである「毛周期」は、実は部位ごとに間隔が異なっています。また、人種や個人によっても傾向がことなるため、脱毛施術を各部位の成長期にのみ合わせていくということは困難です。 一つの目安として、一般的な毛周期を「成長期」と「退行期+休止期」に分けてご紹介いたします。

部位 成長期 退行期+休止期
頭髪 2年~6年程度 3ヶ月~4ヶ月
ヒゲ 4ヶ月~1年 1ヶ月程度
眉・まつ毛 1ヶ月程度 1ヶ月程度
3ヶ月~4ヶ月 3ヶ月~4ヶ月
ワキ 3ヶ月~5ヶ月 3ヶ月~5ヶ月
4ヶ月~5ヶ月 4ヶ月~5ヶ月
VIO(陰毛) 1年~2年 1年~1年半

ヒゲ脱毛では「1ヶ月毎の施術」が効果的!

結論から先にお伝えすると、ヒゲ脱毛に関しては1ヶ月程度の施術間隔が理想的です。これは、ヒゲの毛周期としての「成長期」の間隔に合致しないものとなるため疑問が残るかもしれませんが、「全てのヒゲが一斉にスタートを切っているわけではないこと」を考えていただければ理解できると思います。

施術は「退行期+休止期の合算期間」を目安に

一つひとつの毛穴の中から生えてくる毛は、たとえ同じ部位であっても1本1本「成長期」のタイミングが異なります。このため、1本1本の「成長期」を意識すると複雑になってしまうのですが、「消去法」によって「退行期」と「休止期」を避ければ、自ずと「成長期」に当てはまるということになります。

たとえば、ヒゲであれば「退行期」と「休止期」を合わせた期間である1ヶ月ごとにレーザーを照射していけば、どのようなタイミングでヒゲが生えてこようとも漏れなく成長期を捉えることができるはずです。もちろん、ゆっくりと数ヶ月ごとに施術を実施していただいてもいずれ「成長期」に合致するのですが、施術費用は回数や期間で制限を受けるのが通常ですので、「無駄のない効率の良さ」を目指すことも大切です。

このため、当院としましては、「退行期と休止期を合わせた期間」である1ヶ月ごとをヒゲ脱毛の目安としてお伝えし、患者さまに効率よく清潔感をご提供できるように努めています。

部位ごとに違う理想的な施術間隔

ヒゲ脱毛は1ヶ月間隔ということでお伝えしましたが、施術部位によっては1ヶ月では少し早い場合もございます。たとえばアンダーヘアなどの体毛は、他の部位と比較して圧倒的に緩やかな速度で生え替わりますので、1ヶ月ごとにレーザーを照射した場合施術の効率性が損なわれる可能性があります。

この場合、施術間隔をゆっくりとしたものに変え、トータルの施術期間を長めに設定することが一般的です。 詳しくは「無料カウンセリング」の中で希望部位を伺いながらご案内いたしますので、そちらで直接ご確認いただければと思います。


ヒゲ脱毛の施術回数の目安

「ヒゲ脱毛は1ヶ月程度ごとに施術するのが良い」と聞くと、「トータルの施術回数はどれくらい必要になるの?」ということになると思います。当院がご案内している施術回数の目安は概ね次のようになっています。

ヒゲ脱毛の施術回数(目安)

目標地点(ヒゲ脱毛) レーザー脱毛の施術回数(目安)
ツルツルを目指す 5回~8回
5割~7割程度の脱毛効果 3回~5回
2割~5割程度の脱毛効果 1回~3回

現実的なところでは、1回では脱毛効果を実感しにくい部分がございますので、イメージとしては3回程度以上で一定の清潔感が得られるものとお考えください(もちろん、元々のヒゲの濃さなどによっても多少前後します)。

また、ツルツルを目指す場合には最低でも5回程度は必要になりますので、トータルの施術期間としては半年前後はイメージしていただきたいと思います。


当院で施術間隔に沿ったヒゲ脱毛を♪

施術スケジュールを管理して適切にご予約を入れるのは容易なことではございません。「ヒゲ脱毛のみ」ということならまだしも、他の部位も併せて同時進行する場合には「今どこに何回目の施術を受けているのか?」といった思いや、「この部位の次の施術はいつが良いのか?」など複雑になってきます。

「年間スケジュール」に沿ったプランニング


「年間スケジュール」に沿ったプランニング

当院では、ご契約いただく段階である程度先々の目安としてご予約日を設定させていただき、問題ない場合はそのままその日にお越しいただくという「年間スケジュール」をご提示しています。これにより、施術を受けるべきタイミングを逃してしまうといったリスクを回避でき、理想的な施術間隔に沿ってしっかりとした脱毛効果を手にしていただけます。

また、初回は「無料カウンセリング」を実施しておりますので、「まだ契約まではちょっと…」という場合でも、実際に当院で脱毛施術を受ける場合にはどのようなスケジュールになっていくのかを事前にある程度把握することが可能です。 現時点での込み具合などもお伝えいたしますので、うまくスケジュール調整して無理なく「ヒゲ脱毛」をお始めいただけます。

もちろん、ヒゲ以外にも各部位様々なプランをご用意しておりますので、レーザー脱毛施術にご興味をお持ちの場合は、どうぞお気軽に「無料カウンセリング」にお越しください。皆さまのお越しをおまちしております。

予約・問い合わせフォーム