ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛 施術前後の注意点!レーザー脱毛の準備とケア

ヒゲ脱毛 施術前後の注意点!レーザー脱毛の準備とケア

医療脱毛でヒゲ脱毛を受ける際には、施術前に心がけていただきたいポイントがございます。また、医療脱毛は基本1回完結の施術ではないため、術後にも気をつけていただきたい注意点がございます。「どのタイミングで何を気を付けるのか」について、施術前と施術後に整理してご案内します。


【ヒゲ脱毛の施術前】これを知らなければ失敗する!?

脱毛施術前のポイントは2段階に分類できます。一つは「施術をご決断いただいた直後から意識していただきたいこと」で、もう一つは「脱毛施術をお受けいただく前日や当日のポイント」です。

ヒゲ脱毛を決意した後は…

脱毛施術のご決断後、もしくは「これから受けてみよう…」とある程度強い意志が固まっている場合は、まず「日焼け防止」を意識するようにしてください。

日焼け防止対策

レーザー脱毛施術にとって「日焼け」は天敵です。これは「施術前のお肌」だけでなく「、施術後のお肌」に対しても言えます。施術前に日焼け防止を意識していただきたい理由は、医療用のレーザー光が「黒色メラニン」に反応するという性質があるためです。

日本人のムダ毛には多くの「メラニン色素」が含まれていますので、通常は皮膚の上にレーザーを照射すると、「ムダ毛のメラニン色素」がレーザー光の熱エネルギーを吸収します。日焼けしてしまうと、皮膚自体にメラニン色素が多く含まれてしまうため、レーザー光がムダ毛だけでなく皮膚にも「強力な熱エネルギー」を与えてしまいます。

日焼け度合いによっては、熱傷(やけど)を生じるリスクもあるため、状況次第では施術をお断りせざるを得なくなります。このため、「ヒゲ脱毛」に関わらず脱毛施術を受けようとお決めになった際は、以後「UVクリーム」などを使って該当部位のお肌が黒くなってしまわないようにご注意ください。

 UVクリームも色々ありそうだけど??

「ヒゲ脱毛」に関して言えば、UVクリームの対象となるのは「お顔」ということになります。一般の男性にはあまり知られていませんが、「お顔専用のUVクリーム」なども市販されていますので、部位に合わせてそのようなものをお買い求めいただき対策をお立てください。

ヒゲ脱毛の前日と当日のポイント

脱毛施術のための「直接的な準備」ということで言えば、施術日の前日などの「セルフカット」がございます。その他にも「間接的な準備」として体調管理などのポイントがございます。

事前処理(セルフカット)のお願い

ていただきます。 ヒゲ脱毛の場合には、ヒゲの成長が早いという特徴がありますので、施術の時間帯等によっては、施術日当日の朝に剃っていただいた方が良いケースもあります。 いずれにしましても、皮膚表面にムダ毛が残っている状態ですと、ムダ毛に熱エネルギーが浸透した際に皮膚の表面で熱傷をもたらしてしまう可能性があります。安全面においてセルフカットは重要なプロセスですので、適切に実施していただきますようお願いします。

 セルフカットは何を使っても良いの??

大前提として「毛抜き」を使って毛根からムダ毛を抜き去るような準備は絶対にお止めください。毛穴の中にムダ毛が残っていないと、熱エネルギー自体が伝えられなくなり、レーザー脱毛施術の意味がなくなってしまいます。

セルフカットは「事前にできる範囲でキレイにしてもらう」ということではなく、「脱毛効果を安全に伝えるためにお願いしていること」ですので、誤って「毛抜き」をご使用になってしまわないようお願いします。 セルフカットの道具としましては、「電気シェーバー」をオススメします。

「電気シェーバー」をお持ちでない場合は「カミソリ」でもかまいませんが、皮膚の表面が細かなレベルで傷ついてしまうため肌環境にとって良くありません。また、セルフカットの過程で深く切ってしまった際は、傷口付近へのレーザーの照射を見合わせるケースもありますので、極力「電気シェーバー」をご使用いただくようにご案内しています

前日は「十分な睡眠」を

施術日の前日は十分な睡眠をお取りください。睡眠が不十分な場合には神経が過敏になりやすく、脱毛施術時に生じ得る「痛み」を必要以上に強く感じさせてしまう可能性があります。患者さま側の「施術の快適さ」に繋がることになりますので、いつもよりお早めにお休みになるくらいの心構えが大切です。

前日の「アルコール摂取」は控えよう

前日の「アルコール摂取」は控えよう

施術日前日はお酒の摂取をお控えください。アルコール飲料の摂取は、「血行を良くさせてしまう」という影響と、アルコール成分分解のために「体内の水分が使用されて皮膚が乾燥しがちになる」という影響がございます。

これは施術時の「痒み」や「湿疹」を引き起こす一要因になり得ますので、特に多量にお酒を飲んで翌日施術にお越しになるという形はご遠慮ください。 晩酌の1杯2杯程度であれば許容範囲ですが、可能であれば前日はお酒を我慢していただくことをオススメします。

ご来院前に「制汗剤」や「化粧水」などを使用しないこと

施術をお受けいただく際には、ご来院直前に該当部位に制汗剤や化粧水、保湿クリームなどをご使用にならないでください。毛穴の中に余計な成分が残っていますと、レーザー光の熱が毛根組織に浸透する際の妨げになる可能性がございます。確かな脱毛効果を確保するための注意事項になりますので、お忘れなきようお願いします。


【ヒゲ脱毛の施術後】安全で確かな脱毛効果のために!

当日の脱毛施術を終えた状態というのは、全ての脱毛プログラムが完了した段階とは異なります。一般的に3回ないしは5回程度は同部位に施術していただきますので、術後は「まだ施術期間中にあること」を意識していただき、「術後ケア」と共に「肌負担のない生活」を心がけてください。

ヒゲ脱毛を受けて帰宅した後は…

当日は「施術の影響」と丁寧に向かい合っていただきたいと思います。術後は該当部位のお肌が毛穴レベルで「軽い熱傷」を帯びたような状態になっていますので、次のような点にご注意ください。

「当日入浴」の禁止

お肌が熱を帯びている施術日当日は、極力入浴を控えていただきますようにお願いします。レーザー光を照射した部位のお肌は皮膚内部で熱が残存していますので、入浴での体温上昇によってヒリヒリ感やポツポツとした赤み症状が悪化してしまうリスクがございます。

「ヒゲ脱毛」の場合には、強くお顔を洗うような摩擦行為も同様のリスクになってしまいますので、優しく水で流す程度にご調整ください。

 どうしても入浴したい時は??

どうしても入浴したいという事情がある場合は、低めの温度のシャワーに留めてください。あくまでも「軽く流す程度」にしていただき、該当部位を強くこすって洗うようなことはお控えいただきますようお願いします。

「炎症止めローション」のご使用

施術直後は、該当部位の肌の毛穴レベルで「赤いポツポツ」や「軽い腫れ」が生じるのが一般的です。当院では、ご帰宅時に無料で「炎症止めローション」をお渡ししておりますので、1日に1~2回程度塗布していただき、術後ケアに努めてください

患者さまの肌質などによっても異なりますが、一般的には2~3日程度で目立った赤みは引き、1週間もすれば概ね元の状態に戻っていきます。ヒゲ脱毛など、目立つ部位であれば数日程度「マスク」を着用いただくか、予め施術日を週末にするなどのご調整をご検討ください。

脱毛施術後、次回施術までの施術期間中のポイント

施術を終えた後は、次回の脱毛施術が正しく受けられるように意識しておいていただきたいポイントがございます。この点をお守りいただき、肌環境が適切な状態をキープできるようにお努めください。

「保湿習慣」の確立

「保湿習慣」の確立

レーザー脱毛施術をお受けいただいた後は、皮膚内部に熱が残存する関係上、一定期間はお肌が乾燥しやすくなります。これに伴って皮膚のバリア機能も少なからず低下しますので、これを補うための「保湿ケア」が重要になってきます。

男性の場合、日常的に「保湿クリーム」を使う習慣をお持ちでないケースも考えられますが、お肌の水分不足が続き皮膚が硬化してしまいますと、脱毛効果としてのムダ毛の離脱(≒ムダ毛が力なく自然に抜け落ちていくこと)を遅らせてしまう可能性があります。 「紫外線」などの外部刺激にも弱くなっていますので、特に術後1週間程度はしっかりと保湿していただきますようお願いします。

最近では「男性向けの保湿クリーム」なども数多く販売されていますので、ドラッグストアなどでお好みのものをお選びいただきながら、「入浴後の保湿習慣」などを新たにお作りください

「日焼け予防意識」の強化

施術後はお肌がダメージを受けている状態ですので、通常復帰するまでの一定期間(≒ダウンタイム)は皮膚のバリア機能が衰えています。強い日差しを長時間浴びた場合は、普段よりもシミや肌トラブルを生じやすくなっていますので、十分に「UVケア」に努めてください

また、術後は次回の施術を意識していただくということになります。「施術を終えたから、とりあえず少しの間は日焼けしても良い」というものではありませんので、この点も十分にご注意ください

  施術期間中に「海水浴」に出かける約束ができてしまったら??

夏の海水浴シーズンにはどうしても海やプールへのお誘いが入るかもしれません。このため、施術日をいつにするのかについては十分ご配慮いただき、海水浴等のお誘いを術後1~2週間の間に受けなくてもいいように予めご調整ください。

また参加する際にも「強力な日焼け止めクリーム」をご使用いただき、無暗に長時間日差しを受けてしまわないようにご注意ください。 (※術後1~2週間というのはあくまでも目安です。日焼けのあり方によっては肌トラブルに繋がるようなケースもございますので、極力強い日差しを浴びない方向でご調整ください。)

 


【ヒゲ脱毛の施術後】安全で確かな脱毛効果のために!

コラムでご紹介させていただきましたポイントは、レーザー脱毛施術において「持続する脱毛効果」を安全にしっかりと手にしていただくための基本事項です。スタッフのご案内や当コラムの内容を適切にお守りいただければ、「安全でブレのない脱毛効果」を手にしていただけますので、ご自分のための情報として準備と計画にご活用ください。

初回は「無料カウンセリング」にて患者さまをお迎えしておりますので、分からないこと、気になる点などどうぞお気軽にお寄せください。皆さまのご来院をスタッフ一同お待ちしております。

予約・問い合わせフォーム