ご予約
ご相談

0120-866-667

受付時間12:00-21:00 (土日祝除く)休診日年中無休

クレジットカード

コラム

ヒゲ脱毛

肌の色味で脱毛効果も変化!? 色黒男性のヒゲ脱毛のポイント

肌の色味で脱毛効果も変化!? 色黒男性のヒゲ脱毛のポイント

「ヒゲ脱毛」をご希望になる場合、お肌の色によって脱毛効果の現れ方に違いが出る可能性があります。同じレーザー脱毛施術であっても、色白男性と色黒男性が施術を受ければ、一般的に色白男性の方が脱毛効果を得やすいという傾向があります。このため、比較的色黒に生まれた男性や職業的に日焼けが日常的になっている男性については、ご自身の肌の色味に合わせてうまく脱毛施術を調整する必要があります。当コラムでそのポイントをお伝えしますので、色黒男性で「ヒゲ脱毛」を考えている場合はぜひご一読ください。


お肌の色は脱毛効果への影響あり

ヒゲ脱毛という点にこだわって言えば、男性の場合日常的なお顔の日焼けが脱毛効果にマイナスの影響をもたらす可能性があります。特に外回り営業などで日常的に強い日差しを浴びている男性は、ヒゲ脱毛で思うように脱毛効果が狙えないケースも考えられます。

色黒男性や日焼け肌男性は施術中の熱傷(やけど)に注意!

なぜ、色黒肌や日焼け肌がレーザー脱毛施術にマイナスの影響をもたらすかと言うと、レーザー光は照射範囲の「黒いメラニン色素」に効率よく吸収されるためです。

私たちアジア人のムダ毛には、ムダ毛自体に多くのメラニン色素が含まれていますので、ムダ毛を伝って毛根組織を破壊するという意味においてはレーザー光の特性は非常にうまくマッチします。しかしながら、お肌自体に多くのメラニン色素がある場合、皮膚レベルでもレーザー光の吸収が起こってしまい、熱傷(やけど)を引き起こしてしまうリスクがあるのです。

ヒゲ脱毛では、皮膚の状態に合わせて繊細に出力調整を実施

男性には一般的に髭剃り習慣があり、鼻下などの剃毛摩擦の多い箇所では一定程度の色素沈着(皮膚レベルでのメラニン色素の定着)が見られるのが通常です。このため、ヒゲ脱毛の場合はある程度皮膚に残るメラニン色素に配慮してレーザーの出力調整を行ないます。

日焼け跡が多く見られる場合や、色黒男性の場合には、その程度に合わせて通常よりもさらに出力を下げて調整したり、時としてレーザー脱毛自体を見合わせざるを得ないケースも出てきてしまいます。施術が実施できた場合であっても、皮膚の熱傷リスクを回避するため、ある程度低いレベルから出力調整して安全な範囲を探りますので、お肌が白い男性と比較した場合、概してヒゲ脱毛の効果が出しにくくなるという影響があるのです


色黒男性が意識したいヒゲ脱毛の効果の出し方

元々肌が黒いという場合や、屋外スポーツや営業職などの日常習慣によって日焼けが常態化している場合、肌の色味を変化させるのは困難です。遺伝的な側面や職業的な属性は変化させようがございませんので、現状お肌が黒い傾向にある男性は「ヒゲ脱毛」を受ける場合、次のような点に注意すると良いでしょう。

「お肌が黒い」という特性を正しく捉えて適切に対処すれば、多少の色黒肌や日焼け肌であってもしっかりと脱毛効果を狙うことができます。

1.脱毛器による適性を考慮して「ヒゲ脱毛」を受ける

1.脱毛器による適性を考慮して「ヒゲ脱毛」を受ける

当院の医療用レーザー脱毛器については、国内で導入率の高いアレキサンドライトレーザー系の「ジェントルレーズプロ」という機種のほかに、YAGレーザー系の「ジェントルYAGプロ」という機種もございます。結論から先にお伝えしますと、色黒男性や日焼け跡の残る男性は「YAGレーザー系の脱毛器」をご選択いただければ、熱傷リスクを回避したヒゲ脱毛を狙いやすくなります。

色黒男性はメラニンの吸収性が緩やかな「YAGレーザー」がオススメ

国内の医療用レーザー脱毛器では、以下の3つの内いずれかのレーザー光が使用されているのが一般的です。各レーザーの種類によってnm(ナノメートル)と呼ばれる単位で表される光の波(波長)が異なり、それによって次のような違いが生じます。

レーザー脱毛器 波長 メラニンの吸収性 皮膚深達度
アレキサンドライトレーザー 755nm

ダイオードレーザー 800nm / 810nm

YAGレーザー 1,064nm

上記のように、レーザー光の波長の違いによって「メラニンの吸収性」や、お肌の皮膚レベルでどの程度深くレーザー光が到達するのかという「皮膚深達度」が異なります。

メラニンの吸収性
一般的には、メラニンへの吸収性を優先してアレキサンドライトレーザー系の「ジェントルレーズプロ」が良く使用されますが、メラニンへの反応が良くても「皮膚深達度」が少し低いという特徴もあるため、「YAGレーザー」の方が毛根の深い位置にあるムダ毛を捉えやすいケースもあります。

色黒男性や日焼け習慣のある男性の場合は、「メラニンへの吸収性の高さ」に秀でたモデルではなく、「皮膚深達度の高いモデル(YAGレーザー系のもの)」をご選択いただければ、メラニンへの吸収性は緩やかになります。過度に照射出力を落とさなくても、熱傷リスクを回避した安全な脱毛施術が実施できますので、「熱傷はしなかったけれど脱毛効果があまり…」といった結果に陥る可能性が低くなります。

アレキサンドライトレーザー系の脱毛器しか導入されていないクリニックでは、このような患者さまの肌特性に合わせた調整はできませんので、カウンセリングに行く前に「そのクリニックでどのようなレーザー脱毛器が導入されているのか?」を事前確認すると良いでしょう。


2.施術回数に余裕を持たせ、脱毛効果の出しにくさをフォローする

色黒男性の場合、「レーザー脱毛器の種類」によって最適化を図る方法が最もオススメですが、脱毛プランの選択場面で「施術回数に余裕のあるプラン」を選ぶことも重要です。

あまり脱毛効果を感じにくいなと思った場合も、施術回数に余裕があれば繰り返しレーザー照射することである程度希望のレベルにまで毛量を落とすことが可能です(あくまでもエステ脱毛ではなく、医療レーザーであることが前提です)。当院の場合ですと、「ヒゲ脱毛パスポート」のように十分な施術回数のあるプランがございますので、このようなものであれば安心して脱毛効果を追求できます。

参照) ダビデクリニック新宿の「ヒゲ脱毛プラン」のページ

「ヒゲ脱毛」一つ取っても、各クリニックで様々な施術プランがございますので、特に色黒男性の場合はご自身のお肌の色味によって生じる影響を考慮し、施術回数で余裕のあるプランをご選択ください。


当院は対照的な2機種で各患者さまの肌特性に最適化♪

男性は女性とは異なり、お顔の「UVケア」にあまり積極的ではありません。それでも近年「ヒゲ脱毛」が広がってきていることから、いざ「レーザー脱毛施術」を受けようと決意したときに、日常的な日焼け習慣がマイナスに働いてしまうケースもあります。

当コラムでお伝えしたように、日焼け肌や色黒男性の場合には特に「ヒゲ脱毛」の際に脱毛効果に影響が出てしまうケースがございますので、患者さまのお肌の色味に合わせてクリニック側で脱毛器を取り換えられるような医療機関をご選択ください。また、施術回数に余裕のあるプランが用意されていることも重要になります。

当院では随時「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです。皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしています。

予約・問い合わせフォーム